交通事故と労災

プライベートではなく仕事中に交通事故を起こしてしまった場合や怪我をしてしまった場合には労災を使用することができますが、必ずしも労災を使用するというわけではありません。
会社によっては自賠責を使って欲しいと言われてしまう場合や、どうしても労災を使わないと言い切られてしまうようなケースもあります。
しかし仕事中に起きてしまった交通事故に関しては会社がある程度の責任を持つ必要があり、特に車を走らせることを把握した上で、業務内容支持している場合には運行供用者責任がありますので、このような部分で会社にも最低限の責任は取ってもらうように考えていかなくてはなりません。


あまり良心的ではない会社の場合には、できるだけ労災を使わないように自賠責での対処を求められることもありますが、上記のように運行供用者責任などを考えながら、どれだけを自分自身が負担するべきなのか、また会社はどれだけの保障をしてくれるのかについて徹底的に話し合いを持っていかなくてはなりません。
ただし、どんなに仕事中であっても職場から離れて帰宅する際に交通事故に遭ってしまった場合には状況に応じて労災を使用することができないケースもあるので頭に入れておかなくてはなりません。


また起こす事故の状況により、労災も自賠責を使用した方が良いといった場合もありますのでケースバイケースで考える必要がありますが、お仕事で車を使用する人の場合には労災についても頭に入れておく必要があるので、自分には関係ないなどと思わずに知識をしっかりと覚えておくようにしましょう。


<注目サイト>
仕事中に交通事故を起こしてしまった場合などに弁護士に無料で相談出来るサイトです ⇒ ⇒ 交通事故 弁護士